トウアズキ

唐小豆

双子葉、離弁花、 マメ科、 トウアズキ属、つる性、小高木。 用語説明
花期:夏〜秋 月〜月
高さ:3〜5メートル
葉は長さ約10センチの偶数羽状複葉で、 小葉は楕円形である。
葉腋から出る総状花序に、 長さ約1センチの淡紫色の蝶形花を密集してつける。
長さ約3センチの豆果ができ、種子が3〜6個入っている。 種子は鞘につくヘソのまわりが黒くて他は赤い楕円形で、 光沢があって美しいので手芸などに使ったりするが、 猛毒であり、解毒剤は知られていない。
東南アジア原産。

(2018/9/22)


葉は偶数羽状複葉で、小葉は楕円形。 (2018/9/22)


茎葉木質化して灰褐色となる。 (2018/9/22)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る