ラショウモンカズラ

羅生門蔓

双子葉、合弁花、 シソ科、 ラショウモンカズラ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月
高さ:15〜30センチ
茎は30センチぐらいであるが、花のあとに地上を這う走出枝をだす。 茎や葉柄に毛がある。
葉は三角状心形で、対生し、鈍い鋸歯がある。
紫色の唇形の大きい4〜5センチの花を2〜3個ずつ花茎の片側に数段つける。
花の付け根につく包葉は、一番下は葉と同じぐらいであるが、 上に行くほど小さくなり、紫色をしている。
果実は4つに分かれる分果である。





上唇は2裂し、下唇は3裂する。


茎や葉柄などに毛がある。(2016/4/15)


下唇の中央裂片に長毛がある。(2016/4/15)


葉は3角状心形で、丸みのある鋸歯がある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る