ニガイチゴ

苦苺

双子葉、離弁花、 バラ科、 キイチゴ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 4〜5月
高さ:50〜100センチ
茎には細い棘が多く生え、無毛であり、白い蝋質の粉がつく。
葉は互生し、広卵形で3裂し、不揃いな鋸歯があるが、切れこみのない葉もあり、 葉脈がくぼんでしわがあるように見える。 葉の長さは、花のつく枝では2〜5センチであるが、花のつかない枝では6〜10センチ になる。裏面は粉白色をおびる。5ミリぐらいの線形の托葉がある。
春に短枝の葉腋からでる短枝に、5弁の白い花が数個上向きにつく。 花弁は付け根が細くなった狭楕円形で、しわがよったような形をしている。
6〜7月に球形の赤い実が丸く集まった集合果が赤く熟し、 食べられるが、小核に苦みがある。



白い5弁花が咲く。花弁は細長くて、少ししわがあるように見える。


萼筒は半球形で、先が5裂してとがる。


蕾。葉は広卵形で3裂するものが多いが、いろいろの変異がある。(2015/5/6)


(2016/4/15)


茎や葉柄に棘がある。(2016/4/15)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る