ミヤコイバラ

都薔薇

双子葉、離弁花、 バラ科、 バラ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:1〜1.5メートル
主幹は直立するが、枝は他のものによりかかってのびる。 新枝は緑色で、鉤形の大きい棘と小さい棘が混じって生える。
5〜12センチの奇数羽状複葉が互生し、小葉は2〜3センチの長楕円形で、 頂小葉は先がとがり、側小葉は先がややまるく、両者は同じぐらいの 大きさであり、鋭い鋸歯がある。葉軸には小さい棘がある。
夏に枝先の円錐花序に直径2〜3センチの白い5弁花を多数つける。
果実は直径6〜7ミリの卵球形の偽果で、晩秋に赤く熟す。



双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る