クズ



双子葉、離弁花、 マメ科、 クズ属、つる性、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
茎が長くのびて木などに巻き付いたり、もたれかかったりする。 茎の基部は木質で太くなる。 年数がたつと、太くて長く、重さ1キロ近い塊根ができる。 枝や若い茎には黄褐色の粗い毛がある。
葉は3出複葉で互生し、裏面に白毛が密生する。 先の尖った狭卵形の托葉がある。
葉腋に総状花序を立て、紅紫色の蝶形花を下から順に咲かせる。
豆果は長さ5〜10センチで、褐色の剛毛が密生する。 種子は扁平な楕円形で、長さ3ミリぐらいと小さい。
成長力が旺盛で、他の植物を覆い隠すようになるので、 要注意な植物である。 (米国では、日本から渡来した害草として、グリーンモンスターと呼ばれている。)
塊根から澱粉や葛根湯の原料がとれる。

(2016/9/17)


つるが旺盛にのびる。(2017/6/6)


蝶形花が下から順に咲く。




つるに黄褐色の粗毛がある。葉柄基部に托葉がある。(2017/6/6)


(2017/5/11)


托葉は狭卵形で先がとがる。(2017/6/6)


小葉は浅く3裂する。豆果には褐色の剛毛がある。(2013/11/24)


(2008/10/28)


小さな大豆のような豆が入っている。


つるは初めは淡褐色であるが、大きくなると黒褐色の木の幹のようになる。 (2009/10/24)


クズに厚く覆われた冬枯れの藪。大きなサクラにも取りついている。
覆われた植物にとってはクズは脅威。(2018/1/12)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る