クロヅル

黒蔓

双子葉、離弁花、 ニシキギ科、 クロヅル属、落葉、つる性、木本。 用語説明
別名:ベニヅル
花期:夏 7月〜8月
幹は直径15ミリぐらいになるが、つる性で、樹木にからんだり地を はったりする。 樹皮は灰色であるが、本年枝は赤褐色である。
葉は互生し、長さ5〜15センチの卵形または楕円形で、浅鋸歯があって 先が短くとがる。
雌雄同株で両性花と雄花があり、 夏に緑白色の小さい花を枝先の円錐花序に多数つける。 花弁や雄しべは5つある。
果実は8〜12ミリの楕円状の翼果で、広い翼が3つあり、 淡緑色であるが紅色をおびることもある。 種子は4ミリぐらいで黒褐色をしている。



枝先に円錐花序がつく。 (2018/5/24)


小花は弁、雄しべは5本。 (2018/5/24)


葉は卵形または楕円形で、浅鋸歯があって先が短くとがる。


つるが出て、絡んだり這ったりする。 (2016/4/29)


丸い蕾が円錐状につく。 (2016/4/29)


樹皮は灰色で滑らか。(2016/4/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る