コウモリカズラ

蝙蝠蔓

双子葉、離弁花、 ツヅラフジ科、 コウモリカズラ属、落葉、広葉樹、つる植物、木本。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
つるは右に巻き、 葉は7〜13センチの腎円形で、切れこみのないものや5〜9浅裂する ものなどがある。 葉は互生し、葉柄は長く、楯状につく。
雌雄異株で、初夏に葉腋から総状花序を出して淡黄色の小さい花を多数つける。
果実は6〜9ミリの球形の核果で、黒紫色に熟す。







葉裏は白緑色。(2016/4/29)


つるは右巻き。




丸い核果が黒紫色に熟す。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る