コショウ

胡椒

双子葉、 コショウ科、 コショウ属、つる性。 用語説明
花期:夏 月〜月
つるの長さ:7〜8メートル
つるを長くのばしてからむ。 古いつるは木質化する。 巻きひげはないが、 膨らんだ節から根を出して他の木などにとりつく。
葉は長さ10〜20センチの尖った卵形で、互生する。 全縁の革質で光沢がある。
枝先や葉腋に多肉質の穂状花序を出し、 白い小さい花を咲かせる。花には萼も花弁もないが、芳香がある。 栽培されているのでは両性花であるが、野生種では雌雄異花である。
直径約5ミリの丸い核果ができ、緑→赤→黒と変色する。
黒胡椒は、赤くなる直前の未熟な実をとって乾燥させたもので、 辛みと香りが強い。 白胡椒は、完熟した実をとり、 水に浸して果肉を取り除いて白い種子を取り出し、 乾燥させたもので、 辛みと香りが穏やかである。
赤い胡椒はウルシ科のコショウボクの実であり、 香辛料として使われるが、全く別種のものである。 名前の似た コショウノキ は、ジンチョウゲ科の有毒植物である。
古代ローマでは、コショウがインドから2年間かかって運ばれ、 同じ重さの銀の値段で取引されたと言われている。
インド原産。

(2017/3/30)


葉は先の尖った卵形で、全縁の革質である。(2017/3/30)


(2017/3/30)


葉は互生する。 (2018/10/20)


肉質の花穂に白〜淡黄色の花が咲く。花被片はない。(2017/3/30)


丸い核果ができる。(2017/3/30)


つるは木質化し、節ができる。(2017/3/30)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る