コマツナギ

駒繋ぎ

双子葉、離弁花、 マメ科、 コマツナギ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:40〜80センチ
草本状の小低木で、茎は細いが強い。
奇数羽状複葉が互生し、小葉は0.8〜1.5センチの長楕円形。 葉は夜は閉じる。
葉腋から4〜10センチの総状花序を立てて、蝶形で淡紅紫色の花をやや密につけ、 下から順に咲く。
豆果は約2.5〜3センチの円柱形で、熟すと黒くなる。



上向きの総状花序に蝶形花が咲く。




奇数羽状複葉が互生する。若枝は緑色。(2015/6/13)


果実は円筒形の豆果。(2015/10/28)


黒く熟す。(2015/11/30)


莢の中に楕円形の豆が入っている。(2016/12/3)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る