カザグルマ

風車

双子葉、離弁花、 キンポウゲ科、 センニンソウ属(クレマチス属)、夏緑、つる性、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
テッセン に似ているが、花が白く、花弁状萼片が8枚ある点などが異なる (テッセンは青紫色で6枚)。
茎は褐色のつる性で木質化する。
葉は羽状複葉で、長さ2〜6センチで卵形の小葉が3〜5個ある。 小葉は全縁で先が尖る。
花は直径7〜12センチで白〜淡紫色であり、 上向きに平開する。 花弁状に見えるのは萼片で、先がとがり、8枚ある。 花弁はない。 中央部にある多数の花糸はやや扁平で、 細長い黒紫色の葯がある。
長さ3.5〜5ミリの広卵形のそう果が頭状に集まり、 花柱が淡褐色の羽毛状になってつく。
色や形などに変異が多い。
絶滅危惧種。


(2017/5/19)


羽状複葉の小葉は尖った卵形で、3〜5枚ある。(2017/6/6)


果実は毛槍状。(2017/6/6)


つる性の茎は木質化している。(2017/6/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る