イシミカワ

(石見川、石実皮などの字があてられているが、1つに確定していない)

双子葉、離弁花、 タデ科、 イヌタデ属、つる性、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:茎は1〜2メートルにのびる
日当たりがよくて湿り気のある所を好む。
茎には長さ1〜3ミリの下向きの棘があって、草や木にからむ。 茎は分枝しながら急速に成長する。
葉は長さ2〜4センチの3角形で、互生し、全縁で緑白色であり、 棘のある葉柄が葉身の基部近くに盾状につく。 短い鞘を持つ托葉があり、茎のまわりに小さな円板を作る。
茎先や葉腋に短い総状花序が出て、淡緑色の小さな花が咲く。 萼は長さ3〜5ミリで、先が5中裂する。 (花弁はなく、花は少し開くだけで平開しない。) 雄しべは8個、花柱は3個ある。 花序の基部に大きな丸い葉状の苞が受け皿のようにつく。
花後に萼が多肉質になって直径約3ミリの球形となり、 その果実状の球は、緑白色から紅紫色を経て青藍色へと変化する。 その球の中には黒くて光沢のある丸いそう果が入っている。

(2018/10/16)


葉は3角状で、茎にも葉柄にも棘がある。 (2018/10/16)


萼が肉質の球となり、青藍色の果実状となる。 (2018/10/16)


花序の下に苞が皿状となってつく。 (2018/10/16)


淡緑色の小さな花が半開する。 (2018/10/16)


小さな托葉が茎をとりまく。 (2018/10/16)


丸い托葉には短い鞘がある。 (2018/10/16)


茎が赤みを帯びることがある。 (2018/10/16)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る