ヘクソカズラ

屁糞蔓、屁臭蔓

双子葉、合弁花、 アカネ科、 ヘクソカズラ属、つる性、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
別名:ヤイトバナ
茎は左巻きで木や草などにからみ、基部は木質化する。
葉は先のとがった4〜10センチの楕円形〜広卵形で、葉柄が長く、対生する。 葉柄の基部には托葉が合着した三角形の鱗片がある。
葉腋から出る集散花序に、外側が灰白色で内側が紅紫色の花を数個つける。 花冠は釣鐘形で先は浅く5裂し、平開する。
果実は直径約5ミリの球形の核果で、黄褐色に熟す。
葉や茎に悪臭がある。 果実は霜焼けの薬として利用された。

花は釣鐘形で、外側は灰白色であるが内側は紅紫色。




葉柄や葉裏に毛があって、白緑色となる。(2015/7/11)


対生する葉の基部から対生状に花柄が出る。(2015/7/11)


蕾は細長い。


果実は球形の核果で、先に萼片が残る。初期の核果は細長い。


核果は熟すと黄褐色になる。



葉は先のとがった広卵形が多い。


葉の幅はいろいろ。




葉柄の基部に托葉がある。(2016/9/17)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る