チョウセンゴミシ

朝鮮五味子

双子葉、離弁花、 マツブサ科、 マツブサ属、落葉、広葉樹、つる植物、木本。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
山地の林縁に生え、地下茎を持つ。 つるは褐色で細く、左巻きとなる。
葉は短枝の先にまとまって互生し、 4〜10センチの倒卵形〜楕円形で、 波状の鋸歯があり、葉脈が少しへこむ。
雌雄異株で、直径約1センチの淡黄白色の花が 短枝から数個垂れ下がる。花被片は6〜9枚で、 花には芳香がある。
(同一個体が年によって雄になったり雌になったりする と言われる。)
直径7ミリ前後の不揃いな大きさの球形の液果が房状に 垂れ下がり、秋に赤熟する。 種子は腎臓形で表面が滑らかである。
果実には甘、苦、酸、辛、塩味の5つの味があり、 漢方薬や果実酒の材料として使われる。



葉腋から出る数本の花柄の先に花が咲く。


葉は倒卵形〜楕円形で、目立たない波状の鋸歯があり、葉脈が少しへこむ。


つるは灰褐色で木質化する。(2016/4/15)


(2015/7/2)


つるは細くて、這ったりからんだりする。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る