バラ

薔薇

双子葉、離弁花、 バラ科、 バラ属、常緑または落葉、低木。 用語説明
花期:春〜秋
つる性のものが多く、幹に棘がある。
葉は奇数羽状複葉で互生し、葉柄基部に托葉がある。
花は花弁と萼片が5枚あるのが基本形で、多数の雄しべと1つの雌しべが あるが、八重咲きなどもある。 色は赤、白、黄色など、多彩である。
萼筒は球状または筒状で、バラ状果と言われる偽果となり、 中にそう果が入っている。
多数の品種がある。



葉は奇数羽状複葉で小葉に鋸歯がある。角状の托葉がある。




葉は互生する。


花弁は5枚が基本。




萼片も5枚が基本。


幹に棘があり、果実は萼筒の肥大した偽果。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る