アオカズラ

青葛

双子葉、離弁花、 アワブキ科、 アオカズラ属、落葉、つる性、低木。 用語説明
花期:春 3月〜5月
高さ:
つる状の枝と斜上する枝があり、 つると棘で木などにからむ。 樹皮は灰黒色で縦長の溝があり、古い枝には 落ちた葉の葉柄が固くなって先が二叉になった棘がある。
葉は4〜10センチの卵状長披針形で、互生し、革質でつやがある。
春に葉が出る前に葉腋に花枝が束生し、 直径6〜8ミリの鐘型で5弁の黄色い花が咲くが、 株が小さい間は咲かない。
果実は直径6ミリぐらいの球形の核果で、10月ごろ青く熟す。

丸い果実が対になってつく。


黄色い5弁花が束生する。


(2017/4/13)


(2017/4/13)


核果は熟すと青くなる。


(2017/10/26)


(2015/10/28)


革質で光沢のある葉が互生する。


葉裏は淡緑色。若葉は赤みを帯びる。(2016/4/29)


樹皮は灰黒色。


枝を切ったあとが節くれ立つ。(2017/4/13)


葉の落ちた枝には短い棘がある。






双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る