アメリカヅタ


双子葉、離弁花、 ブドウ科、 ツタ属、つる性、落葉性、低木。 用語説明
別名:バージニアヅタ
花期:夏 6月〜7月
葉と対生して 吸盤のついた巻きひげを出し、分岐して他の木や壁にくっついてゆく。 茎は赤褐色で、伸びるのが早い。
葉は5枚の掌状複葉が互生し、小葉は先のとがった楕円形で鋸歯があり、 葉脈が明瞭である。 芽出しのときは暗紫色で、大きくなると濃緑色となり、秋には紅葉して落葉する。 葉柄は赤みをおびる。
初夏に葉腋に大きな集散花序を出して、淡黄色の小さい5弁花をつける。
果実は房状につき、黒く熟して表面に粉をふく。有毒。
よく似たヘンリーヅタは、葉脈が白いことで区別できる。



掌状複葉で小葉が5枚ある。




成長が早い。


成長期の茎は赤い。




成長した葉には光沢がある。(2015/6/25)








萼が舟の舳先状。(2016/9/30)


液果が黒紫色に熟す。(2015/10/12)


冬は葉が落ちる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る