スイリュウヒバ

垂柳檜葉

裸子植物、 ヒノキ科、 ヒノキ属、常緑、針葉樹、高木。 用語説明
別名:イトヒバ
花期:春
高さ:20メートル
ヒノキ の園芸種で枝や葉の先が垂れ下がる。
葉は鱗状で先がとがらない鈍頭であり、ひも状に垂れ下がり、 光沢がある。葉の裏表が明瞭でなく、気孔帯も目立たない。
よく似た ヒヨクヒバ は葉先がとがり、外向きに反り返り、 葉裏にはX字形の気孔帯がある。
希に球果をつける。



円錐形の樹形となる。


球果のできることがある。(2916/6/16)


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る