ヒヨクヒバ

比翼檜葉

裸子植物、 ヒノキ科、ヒノキ属、常緑、針葉樹、高木。 用語説明
花期:春
高さ:20メートル
別名:イトヒバ
サワラ の園芸種で枝や葉の先が垂れ下がる。
葉は鱗状で、黄色を帯びるものがあり、裏が白い。
よく似た スイリュウヒバ はヒノキの園芸種で、葉先がとがらず、 葉裏にはY字形の気孔帯がある。
ヒヨクヒバは葉先がとがり、外向きに反り返る。 葉裏にはX字形の気孔帯がある。
花は枝先につき、 雄花は小さい楕円状で褐色、 雌花は小さい松笠状で淡褐色である。
希に丸くて凹凸のある黄緑色の球果をつける。 強い刈り込みは嫌う。
オウゴンシノブヒバ(ニッコウヒバ(日光檜葉))は葉が扇状に出て、 葉先が黄色い品種のことをいう。
オウゴンヒヨクヒバ(オウゴンヒバ)は、 葉が下垂して黄色い品種のことをいう。



(2015/10/28)


枝や葉の先が垂れ下がる。


(2015/10/28)


葉裏に白い気孔帯がある。(2015/10/28)


鱗状の葉が十字対生形(段ごとに向きを90度変更)に小枝を覆う。(2015/5/10)


凹凸のある球果がつくことがある。


樹皮は赤褐色で縦に裂ける。(2015/10/28)




オウゴンヒヨクヒバ。葉が黄色味をおびる。(2016/2/13)


オウゴンヒヨクヒバ。(2016/1/26)


オウゴンヒヨクヒバの雄花。(2016/2/13)


ニッコウヒバ。葉は扇状に出て、葉先が黄色い。(2016/2/19)


ニッコウヒバの葉裏。(2016/2/19)


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る