タマスダレ

玉簾

単子葉、 ヒガンバナ科、 ゼフィランサス属、球根植物、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜10月
高さ:15〜20センチ
葉は丸みを帯びた肉質の細い線形で、鱗茎から根出する。
花茎は細い円柱形で直立する。
各花茎の先に白い6弁花を上向きに単生させる。花弁は長楕円形である。 雄しべも6本あって黄色い。夜は閉じる。
刮ハがつき、3裂して、球を4つに縦割りしたような、 黒褐色の実がでる。
耐寒性も耐暑性もある。有毒である。
ペルー原産。



葉は肉質の線形。(2015/9/13)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る