タチスズメノヒエ

立ち雀の稗

単子葉、 イネ科、 スズメノヒエ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:70〜150センチ
束生して太い茎が直立する。
葉は10〜40センチの線形で、縁が少しざらつき、 葉鞘に開出毛がある。
直立する長い花茎から、10〜20本の斜上する枝を互生させ、 各々の枝の片側に卵形の小穂を2〜3列に並べる。 芒はない。 雌しべの柱頭は黒紫色で、雄しべの葯は淡黄色。
南米原産で、1950年代に侵入が確認された。

(もっと特徴の明瞭な写真に取り替え)


(もっと特徴の明瞭な写真に取り替え)


小穂は枝の下側に2列に並ぶ。(小穂が卵形でないので違うのではないか)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る