ショウブ

菖蒲

単子葉、 ショウブ科 (以前は サトイモ科)、 ショウブ属、常緑、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月 
高さ:50〜100センチ
水辺に生え、横ばいして分岐する根茎で群生する。
葉は剣形で根生し、中脈が太い。
花径も葉に似ていて、淡褐色の肉穂花序を斜上させ、 その上に葉によく似た苞が花径より長くのびる。 円柱状の肉穂花序には、小さな黄緑色の両性花が密生し、 下から上へと咲いてゆく。 花被片は6個あるが、小さくてよく見えない。
果実は長さ約4ミリの倒卵形の液果で、 淡褐色で卵形の種子を数個含む。

(2015/5/6)


葉の基部は赤みを帯びる。(2015/5/6)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る