セキショウ

石菖

単子葉、 ショウブ科 (以前は サトイモ科)、 ショウブ属、常緑、多年草。 用語説明
花期:春 3月〜5月 
高さ:20〜60センチ
根茎は円柱状で、香気があり、分枝して群落を作る。 葉は根茎の先からはかま状に根生し(基部が二つ折りになって内側の葉をはさむ)、 5〜10ミリと細い線形で、光沢のある濃緑色である。 葉には中脈がない。これは、 葉が二つ折りになって葉の両面が葉裏となっている (単面葉となっている)ためである。 葉にも香気がある。
5〜10センチの細長い黄白色の肉穂花序をだし、下から上へと開花する。 苞がつくが剣状に斜上し、仏炎苞のような筒型にはならない。
日本ではほとんど結実しない。

黄白色の肉穂花序が出る。(2011/4/24)


下から上へと開花する。花弁は見えない。(2011/4/24)


(2011/4/24)


(2011/4/10)


葉は根生し、濃緑色の線形で、香気がある。(2012/9/26)


葉がはかま状に根生する。(2016/10/2)


葉は他の葉に挟まれながら中央部に次々と出るので、 左右交互に横並びとなる。(2017/4/22)


葉が二つ折りになっているので、中脈が見えない。(2017/4/22)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る