ルリフタモジ

瑠璃二文字(二文字はニラの意味)

単子葉、 ユリ科、 ツルバギア属、常緑、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜9月(暖地では周年)
高さ:30〜40センチ
別名:ツルバギア・ビオラセア
耐寒性があり、根塊で群生する。
葉は長さ30〜40センチの線形で、根生し、 傷つけるとニンニクのニオイがする。
30〜50センチの花径が直立し、茎先の散形花序に、 筒形で花冠の6裂する花を15〜20個つける。 花は淡紅紫色で花柄が長く、花径は約2センチである。 花筒の開口部に3個の尖った鱗片で構成される副花冠があり、 それは花冠と同色である。
果実は3稜のある楕円形の刮ハであり、 黒くて扁平な3角形の種子を含む。
南アフリカ原産。

花は筒状で花冠が6裂し、淡紅紫色である。(2017/8/23)


花の開口部に3つの突起からなる副花冠がある。(2017/8/23)


葉は線形で根生する。(2017/8/23)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る