ポトス


単子葉、 サトイモ科、 エピプレナム属、常緑(5度以上の暖地か室内)、つる性、多年草。 用語説明
花期:
つる長:約1メートル
別名:オウゴンカズラ
つる性の観葉植物で、半日陰を好み、寒さに弱い。 (冬は室内で5度以上に保つ。) 強い光に当たると日焼けする。
やや太いつるがのびて這い、ほぼ等間隔で葉柄の長い葉が互生する。 葉のついている節の部分から短い気根が出る。 葉は肉厚のハート形で全縁である。
花はほとんどつかないが、 ごくまれに仏炎苞と棒状の肉穂のある花の咲くことがある。
葉と気根のついた形でつるを切りとって挿すと、 簡単に殖やせる。
ポトスにはいくつかの品種があり、 園芸店でポトスの名で売られているのは、 通常、ゴールデンポトスという品種である。
ソロモン諸島原産。

(2015/9/29)


葉柄のついた部分は節となって気根が出る。(2015/9/29)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る