オガルカヤ

雄刈萱

単子葉、 イネ科、 オガルカヤ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜11月
高さ:0.6〜1メートル
はげ山などのやせ土地に株立ちし、 茎は細くてかたく、秋には赤褐色を帯びる。
葉は長さ15〜40センチの線形で、幅は3〜5ミリと細く、縁が外側へ軽く巻く。 葉の先近くがねじれたりすることがある。 葉舌は三角形で葉鞘は平滑である。
初秋に花茎をのばし、その節ごとにつく苞のわきから短い枝を出し、 小穂の対を左右に広げた形でつける。 その対は、柄のある雄性小穂と柄がなくて芒のある両性小穂で構成される。 苞が小穂より長いので、全体として小穂の対がまばらについているように見える。 花茎と小穂は赤褐色を帯び、葯は黒褐色である。
長さ3ミリ近くの淡褐色の種ができる。

(2015/10/28)


柄のある雄性小穂と柄がなくて芒のある両性小穂の対を1つずつ左右に拡げる。(2015/10/28)


芒のある両性小穂(左側)と芒のない雄性小穂(右側)が対となっている。(2015/10/28)


小穂の対がまばらに並ぶ。(2016/10/2)


(2016/10/2)


株立ちする。(2015/10/28)


(2015/10/28)


葉は線形で細い。


葉の縁が外へ軽く巻く。


葉の先近くがねじれることがある。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る