ヌマガヤツリ

沼蚊帳吊

単子葉、 カヤツリグサ科、 カヤツリグサ属、湿生、1年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:30〜120センチ
沼などに生える。 茎は3稜があり、太くてなめらかで直立し、単生またはまばらに叢生する。
葉は2〜8ミリの線形で、根元から出る。葉鞘は赤褐色を帯びる。
茎の先に葉のような長い苞が3〜6枚斜上し、その間から散開する数本の 花序枝の先に、長卵形の花穂が数個密集してつく。 花穂は長さ3〜4センチで、淡緑色の小穂が密につく。 小穂は扁平で熟すと褐色になり、花穂がぬいぐるみの熊のようになる。
そう果は3稜のある扁平な長楕円形である。



単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る