ヌカキビ

糠黍

単子葉、 イネ科、 キビ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:0.3〜1.2メートル
茎は細く、下部で分枝し、上部は直立する。
葉は長さ5〜30センチの線形で、幅0.4〜1.2センチと細長く、 柔らかくてややざらつく。
花序は12〜30センチの円錐状で、細長い柄のある花序枝を 多数横に拡げ、 1.8〜2ミリの小さい長卵形の小穂をまばらにつける。 小穂ははじめ緑色であるが、熟すと褐色になる。 芒はない。
全体が細く弱々しい感じであるが、多数群生する。



小穂は熟すと褐色になる。(2015/10/27)


(2016/11/20)


花序枝は細長く、小穂は間隔を広くとってつく。




1つの茎から多数の花序が出て、全体が広くひろがる。(2015/10/3)


(2015/10/22)


葉は線形でざらつく。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る