ヌカボ

糠穂

単子葉、 イネ科、 コヌカグサ属、2年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:30〜70センチ
茎は叢生して直立する。
葉は5〜10センチの狭線形で無毛である。 長さ1.5〜3ミリの葉舌がある。
茎先に10〜15センチの円錐花序を出し、 節から枝を1〜2本出して緑色の小穂をつける。 一見すると花軸に小花がつく総状花序のように見えるが、 花軸から出る何本かの花序枝に小花がつく円錐花序となっている。 しかし、花序枝は斜上し、茎に寄り添ったままてほとんど開出しない。 芒なはい。





小穂は花茎に寄り添ったままで広がらず、芒はない。


花序枝が何本か出ている。(2015/9/20)




葉は細い。


(2015/9/20)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る