ノガリヤス

野刈安

単子葉、 イネ科、 ノガリヤス属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:0.5〜1.5メートル
二次林の林縁などにあることが多く、 根茎と種子でまばらに叢生する。 茎は細くて固く、枝分かれせず、草全体が無毛である。
葉は長さ30〜60センチ、幅0.6〜1.2センチの線形で、 葉舌が2〜5ミリあり、途中で表裏が反転して裏葉となり、 ややざらつく。
茎先に出る花序は20〜60センチの狭円錐形で、数本ずつ出る 短い枝を多段に斜上させ、淡緑色または紫色を帯びた小穂をややまばらにつける。
外花穎の基部から芒(のぎ)が出て、小穂の外に突き出る。



花序枝は短く、小穂はややまばらにつく。(2016/10/6)


花序は細い。


小穂には芒があり、紫色を帯びることがある。(2016/10/4)


葉は途中で反転して裏葉となる。




開花




芒が出る。




群生する。(2015/10/3)


(2015/9/30)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る