ノビル

野蒜

単子葉、 ユリ科、 ネギ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:50〜80センチ
鱗茎は直径1〜2センチの球形で、白い。
数本出る根生葉は中空で細く、長さ25〜30センチあり、断面は三日月形である。
花茎は断面が鈍三角形で、高さ50〜80センチになり、 まず膜質の総苞に包まれて先のとがった卵形の蕾をつける。 それが開くと淡紅紫色の多数の6弁花が散形状に咲く。
花序には紫褐色の珠芽(むかご)がつくことが多い。種子はほとんどできない。
葉は晩秋に出て越冬し、 初夏になると地上部は枯れる。
鱗茎や茎、若葉を食用にする。

むかごと花。(2016/6/3)




蕾では、最初、花序全体が総苞に包まれている。(2016/5/7)


茎の上で発芽するむかごもある。


(2017/5/28)


珠芽(むかご)(2016/5/7)


むかごが落ちると新しい個体になってゆく。


葉は中空で細長い。


葉と丸い鱗茎を食用とする。(2017/4/22)




単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る