ナツズイセン

夏水仙

単子葉、 ヒガンバナ科、 ヒガンバナ属、球根植物、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:50〜70センチ
鱗茎があって、 葉は早春に根生し、幅広の線形で20〜30センチとなり、 粉白色を帯び、断面は平たいV字形で、初夏には枯れる。
夏に太い花茎だけが高く伸びた先に、淡紅紫色のラッパ形で直径約8センチの 花を数個輪生させる。 花被片は6枚あり、反り返る。
結実はしない。全草が有毒である。



ラッパ形の花が茎先に輪生する。(2015/7/11)


夏の盛りに突然地中から花径が突き出てくる。(2016/7/28)


(2017/7/29)


花後、果実ができそうにみえるが、不稔。(2017/8/26)


葉は早春に出て初夏に枯れる。(2016/4/15)


葉は広線形で、断面は平たいV字形。(2016/4/15)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る