モエギスゲ

萌黄菅

単子葉、 カヤツリグサ科、 スゲ属、常緑、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:20〜40センチ
乾いたところに生え、匍匐茎はなくて束生する。 基部の鞘は褐色である。 茎の上部はざらつく。
葉は幅3〜4ミリの線形で黄緑色であり、固くて茎も葉も直立する。
頂小穂として1〜3センチの細長くて黄白色の雄小穂が出る。 側小穂として、それより短くて緑白色の雌小穂が出る。 いずれの小穂も茎先にかたまって束生するように出る。
果胞は3〜3.5ミリの卵状楕円形で、先にくちばし状の細いものがある。

頂小穂は雄性、側小穂は雌性。


葉はかたい。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る