メリケンガヤツリ


単子葉、 カヤツリグサ科、 カヤツリグサ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜10月
高さ:1メートルぐらい
多数の根生葉を出して叢生し、大きな群落を作る。
根生葉には赤みをおびた葉鞘だけのものもある。 葉は厚みがあって柔らかい。
丸みをおびた3稜形の高い花茎の先に5〜6枚の葉状の長い苞があり、 その付け根に小穂が頭状にあつまるとともに、 茎先から散開する短い枝の先にも頭状に小穂が集まってつく。
小穂は扁平な長楕円形で、始めは緑色であるが、熟すと黄褐色になる。
そう果は3稜のある長さ約1.5ミリの長楕円形で、黄褐色である。
熱帯アメリカ原産。











単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る