メガルカヤ

雌刈萱

単子葉、 イネ科、 メガルカヤ属、多年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:0.7〜1メートル
別名:カルカヤ
根茎で叢生し、茎は固くて直立する。
葉は長さ30〜50センチ、幅3〜8ミリの広線形で、やや白っぽく、ざらつく。 脈間にも長毛がまばらに生えるが、 基部近くの葉の縁には白い長い毛がブラシのように生えている。
上部の葉腋から、赤褐色の長い芒をもち、半開きの扇の形をした小穂が6つずつ 付いた短い枝を出す。6つのうち、結実するのは1つで、他は雄性である。 結実する小穂には3〜5センチとひときわ長く太い赤褐色の芒がある。 雄性小穂には細い毛がある。
熟した種が朝露に濡れると、長い芒が回り動いて種子が地面に落ち、 芒が回ることによって種子が土に潜り込む。(NHK for school)
http://cgi2.nhk.or.jp/school/movie/clipbox.cgi?das_id=D0005401044_00000&keepThis=true&TB_iframe=true&width=920&height=480
以前は屋根を葺くのに使われ、根はかたくてタワシとして用いられた。
カルカヤは、屋根をふくのに使うメガルカヤ、 オガルカヤの総称であるが、 メガルカヤを指すことが多い。

苞葉には白毛がブラシ状に生えている。




小穂には赤褐色の長い芒がある。


葉の基部に長い開出毛がある。(2016/10/2)


(2017/9/21)


叢生する。(2017/9/21)




葉の中軸が太くて丈夫。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る