マムシグサ

蝮草

単子葉、 サトイモ科、 テンナンショウ属、夏緑、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月 
高さ:50〜80センチ
林内のやや湿った場所に生える。
春に地中の根茎から茎をのばし、2枚の葉を形成する。 この茎は実は筒状の葉鞘が重なって花茎を抱いた偽茎である。 葉は7〜15枚の小葉に分かれる。
雌雄異株で、晩春に2本の葉柄の間から花茎を直立させ、仏炎苞をのばす。 仏炎苞は淡緑色や淡紫色で、白い筋のあるものが多く、 蛇が鎌首を持ち上げたように先が横に長くのびる。 仏炎苞の中に肉穂花序があり、直径6〜7ミリの円柱形の付属体がある。
雄花序には下の方に虫の出入りできる穴があり、 雌花序には穴がなくて、上から入った虫はネズミ返しのようなふくらみで 中に閉じこめられてしまう。
マムシグサは性転換をする。 根茎が小さいときは葉だけを出し、ある程度大きくなると雄花をつけ、 さらに大きくなると雌花をつける。
果実は赤く熟す液果で、トウモロコシのように果軸のまわりに隙間なく ならんでつく。
球根も葉も果実も強い毒をもつ。



濃紫色の仏炎苞に縞がある。(2017/5/6)


1枚の葉は鳥足状に分かれ、小葉は先のとがった楕円形である。(2015/5/25)


(2015/5/25)


(2017/4/28)


液果がトウモロコシ状に並んだ果実ができる。


(2017/5/18)


干からびた果実。(2016/3/3)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る