クサイ

草藺

単子葉、 イグサ科、 イグサ属、水生植物、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜9月
高さ:30〜50センチ
茎は細くて直立し、踏みあとなどに叢生する。
葉は扁平で細く、直立し、上部は縁が巻いていて針のように見え、 下部は鞘になって茎をとりまいている。 基部に葉耳がある。
茎先の集散花序に被針形の花被片をもつ黄緑色の小さい花を 多数つける。 苞葉が数枚あり、下の苞葉は花序より長い。 花被片は、内側に3枚、外側に3枚あり、雌しべの柱頭は 羽状になっている。
刮ハは緑褐色の卵状楕円形で、光沢があり、花被片が残っている。



葉は扁平で細い。


花。


雌しべの柱頭は3本に分かれ、綿毛が生えている。


花被片は披針形で、縁は膜質で白い。(2015/7/11)


未熟の果実。丸くて柱頭が残っている。


刮ハには披針形の花被片も残っている。




熟した果実。


(2015/7/11)


裂開した刮ハ


種子は黄褐色の米粒状で、粘液に包まれている。


茎は細く、叢生する。




単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る