クマガイソウ

熊谷草(熊谷直実の背負った母衣に花の形が似ている)

単子葉、 ラン科、 アツモリソウ属、夏緑、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:20〜40センチ
竹や杉などの林内に生え、根茎が横にのびて群生する。 茎は直立して白毛が密生し、基部に鞘状葉がある。
葉は2つの扇状円形が対生状についた形で、 基部から縦皺が放射状にのびる。
茎先が曲がって、幌のような淡紫色の花がぶらさがる。 風船状に膨らんで下を向いている唇弁には紅紫色の 脈があり、その上に細長い側花弁が左右に広がる。 側花弁は淡緑色で基部に紅紫色の斑点がある。
花の基部に先のとがった卵状楕円形の背萼片と 船形に合着した側萼片があり、ともに淡緑色で、 花の笠のように広がっている。
果実はほとんどできない。 繁殖力は弱く、絶滅危惧種第2類である。



側花弁と萼が唇花弁の上に笠のようにつく。


根茎がのびて群生し、花は同じ方角に向く。


根元から数枚の葉が出て、葉柄の先から花径がのびる。


葉は扇状で縦皺がある。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る