コバンソウ

小判草

単子葉、 イネ科、 コバンソウ属、1年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:30〜70センチ
別名:タワラムギ
茎は這った後で直立する。 群落を作る。
葉は5〜12センチの線状被針形で、基部は葉鞘となる。 無毛であるが縁がざらつく。 葉の基部の葉耳部分は薄紅色となる。
細い茎の頂に円錐花序を出し、小判のような形をした卵状楕円形の小穂が 細い糸状の柄の先に垂れ下がる。 小穂は長さ1.4〜2.2センチで、はじめは淡緑色であるが、のちに黄褐色 となる。 芒はない。
ヨーロッパ原産。



おむすび形の小穂が垂れ下がる。(2017/5/20)


未熟の果実の基部は赤みを帯びる。(2015/5/1)


熟すと黄褐色になる。




単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る