キンラン

金蘭

単子葉、 ラン科、 キンラン属、夏緑、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月
高さ:40〜80センチ
ブナの林内を好む。 キンランはある種の菌類と共生しており、 その菌類はまた樹木と共生するというように、 多重の共生関係があるので、移植すると枯れる。 茎には稜がある。
葉は茎を抱いて互生し、長さ8〜15センチ、幅2〜4.5センチの広披針形で、 縦すじがある。
茎から花茎が直立し、先が数個に枝分かれして 総状花序を作り、黄色い直径約1センチの花を半開させる。 萼片が3枚あって黄色い。花弁も黄色くて3枚あり、 唇弁は先が3裂して中央裂片に赤い筋があり、 側花弁2枚は内側にまく。
細長くて6つの稜のある刮ハができる。 種子はごく小さく、胚珠を持たないので、 地中のある種の菌類の助けがないと発芽できないと言われる。
絶滅危惧種であり、栽培はむずかしい。



芽は葉を広げる前にまず高くのびる。(2016/4/15)




花は全開しないで半開するにとどまる。




(2015/4/30)


葉にしわがよることがある。







適した環境の中ではまばらに群生する。(2016/5/5)


果実は上から見ると6角形。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る