カズノコグサ

数の子草

単子葉、 イネ科、 ミノゴメ属、1〜2年草。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:30〜90センチ
別名:ミノゴメ
茎は束生し、無毛で太くて柔らかい。
葉は白緑色をした7〜20センチの線形で、直立し、3〜6ミリの葉舌があり、 節間よりも長い葉鞘をもつ。
茎先に10〜30センチの花序をつけ、短い枝を左右交互に出し、 枝の片側に淡緑色の小穂を密に2列つける。 はじめは枝が主軸にくっついていて、花序全体が細長く まとまっているが、やがて少しばらけ、色も淡褐色となる。 小穂は縁の膨らんだ軍配に似ており、それが密着して 並んだものは数の子のように見える。 芒はない。





花序は数の子のように見える。




単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る