カワラスガナ

河原菅菜

単子葉、 カヤツリグサ科、 カヤツリグサ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:10〜40センチ
茎には明瞭な3稜があり、叢生するが、地をはって節から根を出したあとに 直立するものもある。
葉は幅2〜3ミリの細い線形で、茎の基部から出て、茎より短く、 花期には枯れることが多い。
花期に花茎が立ち上がり、頂上から長い淡緑色の苞が3方に平開し、 その中央に赤褐色をおびた扁平な長楕円形の小穂が頭状にかたまってつく。 花茎の先から花序枝を数本伸ばして、その先に小さい花序をつけることも 稀にある。
小穂には20〜30個の小花が2列にならび、少し光沢がある。
長さ約1ミリの広卵形で黒褐色のそう果が実る。



単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る