カタクリ

片栗

単子葉、 ユリ科、 カタクリ属、球根植物、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜5月
高さ:15センチぐらい
別名:カタカゴ
広葉樹林の林床に楕円形の鱗茎で群生する。 3月〜4月に葉が出るが、樹林の葉が茂る5月上旬には地上部は枯れてしまう。
発芽1年目は細いひも状の葉が出て、2年から7〜8年の間は卵状楕円形の 葉が1枚出るだけであり、鹿の子模様のある幅の広い葉が2枚 根元から平開するようになってから花をつける。
春に花茎を直立させ、先端から薄紫色の6弁花を1個下向きに咲かせる。 花被片は先がとがり反り返る。 雄しべは6本ある。日が差さないと花は開かない。
果実は3稜のある楕円形の刮ハで、3つに割れるとアリの好むエライオソーム のついた小さい米粒状の種子が多数現れる。
昔は鱗茎から片栗粉をとっていたが、今の片栗粉はジャガイモから作る。



(2016/3/16)


葉に鹿の子模様がある。(2016/3/16)


果実には3稜がある。(2015/5/6)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る