イトラッキョウ

糸辣韭、糸辣韮

単子葉、 ユリ科、 ネギ属、夏緑、多年草。 用語説明
花期:秋〜冬 10月〜12月
高さ:10〜20センチ
水はけの良い所を好む。
地中に狭楕円形の白い鱗茎がある。
葉は直径約1ミリの中のつまった円柱形で、先はとがり、根生する。
葉とは別に花径が出て直立し、 その先の散形花序に淡紅紫色の6弁の小さな花をつける。 花被片は長さ約5.5ミリの広卵形で、雄しべは花被片より長い。
刮ハができ、種は黒く熟す。 分球や種でふやす。
日本固有種(長崎県平戸島の岩場などに自生)で、 絶滅危惧種。

(2016/11/26)


花茎の先に楕円形の蕾が6個ぐらい散形状につく。 (2019/11/16)


花冠は6裂する。 (2019/11/16)


雄しべが長い。中央の雌しべのまわりに膨らんだ子房が3つできている。(2016/11/26)


葉は直径約1ミリと細い。(2017/6/3)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る