ヒメアブラススキ

姫油薄

単子葉、 イネ科、 アブラススキ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:50〜80センチ
草刈の行き届いた棚田の土手などに生えるが、 耕作放棄地にはあまり生えない。
茎は根元で分岐して直立〜斜上し、葉の基部に長い白毛があり、 節には短い白毛が密生する。
葉は8〜20センチの線形で互生し、主脈が明瞭であり、葉身はざらつく。
茎先に、数回分枝する花序枝を円錐状につける。 花序枝には、柄のない両生小穂と柄のある雄性小穂が対となってつき、 紫色を帯びることが多い。 柄のない小穂には長い芒があり、柄のある小穂には芒がない。
長さ約1.7ミリの穎果ができる。

(2016/10/6)


花序枝には、柄がなくて芒の長い両生小穂と柄があって芒のない雄性小穂が対となってつく。(2016/10/6)


(2016/10/6)


茎は分岐して直立〜斜上する。(2016/10/6)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る