ヒゴクサ

肥後草

単子葉、 カヤツリグサ科、 スゲ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月
高さ:20〜40センチ
細い根茎をのばしてややまばらに叢生する。
茎は束生し、角の丸い3稜形でざらつく。
葉は幅2.5〜4ミリの線形で互生し、柔らかく、黄褐色の葉鞘があり、 葉裏は少し粉白色を帯びる。
直立する花茎の上部に細い柄のついた小穂を2〜4個つける。 頂小穂は雄性で長さ1.5〜3センチの線形で、細い。 側小穂は雌性で、長さ1〜2センチ、太さ6〜7ミリの長楕円形で、 花期には細くて直立しているが、果期には果胞が密生し、 下を向いてぶらさがる。 花期には、雄小穂は褐色の花糸に包まれ、雌小穂は白い花糸に包まれる。
果胞は3.5ミリぐらいのとっくり状で上部は次第に細くなって 細長いくちばし状となり、柱頭が 褐色になって果期まで残る。
そう果は黄褐色の楕円形で突起がある。

(2009/5/23)


細く立っているのは雄性小穂、その下の太いのは雌性小穂。(2013/5/11)


雄小穂には褐色の花糸、雌小穂には白い花糸が出ている。(2013/5/3)


(2009/5/23)


雌性小穂が果実となって垂れ下がる。(2013/5/11)


葉は線形で互生する。 (2018/5/1)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る