ギョウジャニンニク

行者大蒜

単子葉、 ネギ科 (以前はユリ科)、 ネギ属、冬緑、多年草。 用語説明
花期:夏 6〜7月
高さ:40〜70センチ
亜高山帯に生える。
披針形の鱗茎ができる。
尖った長楕円形の葉が2〜3枚根生し、長さが20〜30センチある。
夏に花茎が立上り、茎先に淡黄白色の6弁花を多数散形状につける。 雄しべが長く突き出る。
葱坊主のような果実ができ、種子が黒く実る。
発芽までに2年かかり、3〜4年してから葉が2枚以上となり、 5年以上たってやっと花が咲き、 細い根深葱のような鱗茎ができ、食べることができる。
種または鱗茎で増殖する。

(2017/6/3)


白い6弁花が散形状に咲く。(2017/6/3)


花茎が高くのびる。(2017/6/3)


尖った長楕円形の葉が3枚ぐらい根生する。(2017/6/24)


(2017/4/22)


蕾は苞に包まれている。(2017/4/22)


茎はあまり太くならない。(2017/5/19)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る