ゴウソ

郷麻

単子葉、 カヤツリグサ科、 スゲ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:40〜70センチ
短い匐枝で株をつくる。 茎は角の丸い3稜形で細く、上部はざらつく。
葉は根出し、幅4〜6ミリの線形で、裏が粉白色をおびる。 根元の葉は葉鞘だけに退化している。
花茎は鈍い3稜をもち、やや細い。 花茎から2〜4個の小穂が糸のように細い柄の先に垂れ下がる。 小穂の下からは葉状の苞が出る。
頂小穂は雄性で長さ2〜4センチで細長く、褐色である。 側小穂は長さ1.5〜3.5センチの太い円柱形で、緑色である。
果胞は3.5〜4.5ミリの卵形で細かい突起が密生し、 白っぽく見える。 果実は扁平な丸いそう果で、小さく、突起がある。



太い穂が雌性、細い穂が雄性。


雌性小穂は実ると太くなり、褐色の紋がはっきりする。


匐枝で大きい株を作る。




花粉が出ている。(2016/5/14)


葯は淡褐色。(2017/5/9)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る