チヂミザサ

縮み笹

単子葉、 イネ科、 チヂミザサ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:10〜30センチ
別名:ケチヂミザサ、コチヂミザサ
茎は枝分かれしながら地をはう。
葉は先のとがった広被針形で互生し、笹の葉に似ているが、縁が縮れている。
茎先に5〜15センチの花穂を立て、横向きの短い枝をまばらに出して、 小穂を並べる。小穂は先のとがった狭卵形で、短い軟毛と長い芒がある。 毛は紫色をしている。
熟すと毛から粘液が出て、実が動物などにくっつく。
花序の軸に毛の多いものをケチヂミザサ、
花序の軸に毛のないものをコチヂミザサ
という。

葉は広披針形で互生する。


茎の基部は地を這って分枝する。(2015/10/8)


ケチジミザサ。長い芒のある小穂を横向きにつける。


花は白い。(2015/10/3)


花茎は波打つ。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る