チゴザサ

稚児笹

単子葉、 イネ科、 チゴザサ属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:30〜50センチ
根茎が地中をはってふえ、群落をつくる。 茎は下部で分枝した後直立する。
葉は4〜7センチの狭被針形で、笹の葉のようであり、互生する。 光沢はなく、ざらつく。
茎先に出る3〜6センチの円錐花序に、 柄のある多数の枝を分岐させてゆき、 淡緑色〜紫褐色をおびた直径約2ミリの楕円状球形の小穂をまばらに多数つける。 花期にはその球の先から雄しべと雌しべがのぞく。 芒はない。
果実は倒卵形の穎果。



小穂は楕円状球形で、花径は波打つ。


花。赤紫色でブラシ状のは花柱。(2015/7/11)


暗紫色の細い棒状でぶら下がっているのは葯。(2015/7/11)


(2016/8/6)


熟した果実


葉は狭披針形。(2016/8/6)






単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る