チャイブ


単子葉、 ユリ科、 ネギ属、夏緑、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜7月
高さ:50センチぐらい
別名:セイヨウアサツキ
鱗茎が分球して群生する。
葉は根生し、中空で細い。 数センチ上で摘むとまた次が出てくる。 霜が降りると地上部は枯れる。
2年目の初夏に花茎の先に、 直径約3センチで淡紅色のネギ坊主のような花を咲かせる。 花冠は6裂する。
刮ハができる。
葉や茎、地下茎を刻んで薬味にする。
ヨーロッパ原産。

(2016/5/7)


花冠は6裂し、雄しべが6本ある。 (2017/7/27)


(2017/6/3)


群生。


蕾は膜をかぶっている。(2016/5/5)


(2017/7/27)


膜が裂けて花が咲く。(2017/6/6)


葉は細い円筒形。(2015/5/6)


刮ハ。 (2018/6/19)


種子は黒褐色。 (2018/6/19)


地上部は枯れかかっている。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る